絵ノファイル(ENOphile)
榎俊幸 / 作品集 (ENOKI Toshiyuki / works)

Alcove

akisaru1.jpg● 「秋猿・Autumn Monkey」・ 910mm×380mm(2010年) パネル・キャンバスアクリル油彩(DUO)
 
★ 谷崎潤一郎「陰翳礼讃」から
 「もし日本座敷を一つの墨絵に喩えるなら、障子は墨色の最も淡い部分であり、床の間は最も濃い部分である。私は、数寄を凝らした日本座敷の床の間を見るごとに、いかに日本人が陰翳の秘密を理解し、光りと蔭との使い分けに巧妙であるかに感嘆する…」
 
★ 作品は 「観○光2010 -陰翳礼讃- 」 泉涌寺伽藍の床の間に展示される
☆ 「観○光」 展・2010年10月28日(木)~11月7日(日) 京都:清水寺/二条城/泉涌寺/圓通寺

Shadows

wyvern1.jpg
● 「翼竜・Wyvern」・屏風(二曲)/1621mm×2606mm(2010年) パネル・キャンバス・アクリル
 
★ 屏風と明かり
屏風の由来は文字通り風除けの囲い。照明器具が未発達な時代、炎が風に吹き消されないように
屏風は左右の翼を広げて灯りを守っていた。古来より人々の暮らしと共にあった屏風…
昼は障子越しに移り変わる光を映し、夜は行燈の揺れる光を映す。仄暗い陰翳の谷間が綾なす美
 
★ 作品は 「観○光2010 -陰翳礼讃- 」 二条城会場・二の丸御殿台所 「龍の間」 に展示される
☆ 「観○光」 展・2010年10月28日(木)~11月7日(日) 京都:清水寺/二条城/泉涌寺/圓通寺

Bambini

hououbina.jpg
● 「鳳凰雛」・4F(2010年)
鳳凰は不死鳥であると伝えられている、不死鳥であるから子供は産まないのだろうか?
たとえ不死身であろうとも命を次世代に繋ぎたいという欲求は有ったに違いない、そう考えたい。
伝説では地上の全ての獣の生みの親が鳳凰だとされている、鳳凰にも子を産む力があるのだ。

Seasons

saihozu.jpg
● 「歳鳳図」・20P(2010年) 非実在鳥獣保護健全育成条例
現代美術を語る前に現代について考えてみよう、現代とは現在 “進行形” の時代のことだ。
つまり歩みの途中だ、地をけ蹴る足が礎を意味する近代だとする、一歩先の着地点が近未来だ。
現代とはその着地点を求めて半歩先に歩み出た空中を揺れる足のようなものだと思う。
今の時代を見れば欧米追従型の現代美術が主流となっている、しかし半歩先を見たらどうだろう?
近未来の世界とは西のドラゴンと東の龍がガップリ四つに組んだ時代となるだろう。
だとすれば東アジア独自の現代画の創出は必須の課題である。

榎俊幸 ホームページ ENOIST

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Ptera

「翔竜」全体
● 「翔竜 (Wyvern)」 ・屏風(四曲半双)縦131㎝×横522㎝ (2009年)
竜とは何か? 西洋の Wyvern や Dragon ~ 中国の龍 … 世界中に存在する竜の伝説とは?

Dream

bakuzu.jpg
● 「獏図」・120F(2009年)
今年も色々あった、良い出来事も悪い出来事も現実は現実として確り受け止めなくてはならない。
しかし、悪い記憶は忘れて、頭の中を空っぽにして、来年は良い初夢からスタートしたいものだ。

Autumn

秋鳳図・100F
● 「秋鳳図」・100F(2007年)
古代中国で生まれた想像上の鳥 「鳳凰」 、そして全身の羽が白い鳳凰を 「白鳳」 という。

Infinity

infinity.jpg
● 「INFINITY」・30㎝×30㎝(2007年)
この作品は2007年個展「INFINITY」の図録表紙デザインとして描いた。
昔懐かしいアナログレコードのLP盤ジャケットをイメージしている。
展覧会全体をひとつのアルバムのように見立てて、それぞれの作品を楽曲に見立てた。
メビウスの環のような白い蛇は無限循環の象徴「ウロボロス」である。
絵ノローグ  ★ 「 観○光

榎俊幸 ホームページ ENOIST

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Phoenix

鳳凰図・50F
● 「鳳凰図」・50F(2005年)
その身を炎に焼かれても灰の中から蘇ると言い伝えられる不死鳥伝説。
西洋に伝わる 「火の鳥」 や 「フェニックス」 、中国の 「鳳凰」 …
想像上の生き物でありながら、何故か世界中に同様の伝説が存在する。

Tiger

「虎」・100M
● 「虎」・100M(2004年)
“力” の象徴として権力者から好まれる虎。
しかし、食物連鎖の頂点に位置する彼らも、自然環境の変化に対しては脆弱な存在だ。
古来より虎の毛皮はその美しさが珍重され、現在でも密猟者から狙われている。
絶滅の危機に瀕した虎、その優美な姿が地上から消えて無くなる日が来るかも知れない。

Golden Monkey 

「ゴールデンモンキー」・15F
● 「ゴールデンモンキー」・15F(2004年)
ゴールデンモンキーは中国西部、チベットに生息する 「金絲猴(きんしこう)」 という猿だ。
最も寒冷な地に生息する猿として知られ、チベットでは標高3000メートルの山地に生息する。
国際自然保護連合 IUCN のレッドリストでは 「絶滅危惧II類」に分類。
また中華人民共和国では国家一級重点保護野生動物に指定されている。
2004年の個展 「ANIMA MUNDI」では、インドや中国を中心にアジアの動物を描いた。
地球環境が急速に脅かされる中、彼らの存在はとても脆弱である。
儚いその姿が消えてしまわぬうちに、ひとつひとつノアの箱舟に乗せていくような気持ちで描いた。

Monkey Bridge 

「猿橋」・8M
● 「猿橋」・8M(2003年)
2004年の干支(申年)カレンダー 「きのえ申えのき」、 7月のためにに描いた作品。
渓流に横たわる一本橋、バランスを取りながら渡る一匹の蜘蛛猿、無事に対岸へ渡れるのか?

A Sinagawa Monkey

「垂猿」・25M
● 「垂猿」・25M(2003年)
2004年の干支(申年)カレンダー 「きのえ申えのき」、 表紙のためにに描いた作品。
一匹の Spider Monkey(クモザル)が木の枝から垂れ下がって何かに手を伸ばしている。
それは私の名前 「ENOKI」 の中の一文字、アルファベットの 「O」 だ。 
こいつ、私の名前を盗もうとしているのか?

Snow Monkey

「雪猿」・8F
● 「雪猿」・8F(2003年)
2004年の干支(申年)カレンダー 「きのえ申えのき」、 1月のために描いた作品。
“北限の猿” と呼ばれる下北半島(青森県)に生息する日本猿は、厳冬に耐える “雪猿” だ。

Dualism

「昼と夜」・557×933㎜(1989年)
「昼と夜」・557×933㎜(1989年)
「二元論」とは、「善悪」・「明暗」・「表裏」 などなど・・・
物事を二極化して曖昧な部分は省略する。 「昼と夜」 夜明けも日没も省略してしまおう。
戦争か平和か? 生か死か?・・・
好きなのか嫌いなのか? 買うのか買わないのか? ハッキリしてもらおう。

Horse

「馬」・100F
「馬」・100F(1989年)
冬の朝、まるで機関車のように蒸気を上げながら突き進む馬

榎俊幸 ホームページ ENOIST

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Tale

「夜話」・20F
「夜話」・20F(1993年)
子供の頃 … 眠れない夜 … かあさまが話してくれた、お空の星座の物語。
髭をはやした蛇使い。 赤い目玉のサソリ。 鷲にさらわれた少年。

Azur

「月あかりの夜」・6F
「月あかりの夜」・6F(1995年)
夜なのにとても明るいと感じるときがある。
子供の頃の夏休み、田舎の家に泊まって、夜中に目を覚ますと。
黒いはずの夜空は青く、暗いはずの地面は明るく、遠くまではっきりと見える。
昼でもない、夜でもない、時間の裏側の世界に迷い込んだみたいに… 

Meteor

「流星観察」・20F
「流星観察」・20F(1999年)
覚えているだろうか? 10年前の出来事。
夜空のスクリーンに上映されたオールナイトショー「獅子座流星群」。
1998年11月17日の夜(18日未明)東南の空、獅子座の方角から流星が降り注いだ。
これはテンペルタットル彗星の軌道上に残った塵の中に地球が突入して起きる天体現象だ。

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive