絵ノファイル(ENOphile)
榎俊幸 / 作品集 (ENOKI Toshiyuki / works)

Regeneration

kaisei1.jpg
● 「回生」・100F (2011年) キャンバス・アクリル・油彩・金箔
 
鳳凰は全ての動物の始祖とされ、不滅と復活と永遠を象徴し、天皇を象徴する生き物でもある。
この作品「回生」は、皇室の菩提である京都の御寺泉涌寺、本坊の床の間にて展示公開される。
★ 「観◎光ARTEXPO2011」 10月15日(土)~24日(月)〈9時~16時半〉
kaisei2.jpg
● 「回生」・(部分)
 
生と死は別のものでは無い、生の源は死であり、死の源は生である。
生と死は分かち難く一対であり、等しく、隙間なく、永遠に連続する。
喜びも悲しみも巡り巡って、姿を変え、果てしの無い循環を繰り返す。

榎俊幸 ホームページ ENOIST
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive