絵ノファイル(ENOphile)
榎俊幸 / 作品集 (ENOKI Toshiyuki / works)

Rose

「茨と帛」・909×909㎜
「茨と帛」・30S(1997年)
野に咲く花を、柔らかな帛のように、優しく包む。
「茨と帛」(部分)
「茨と帛」(部分)
愛の外側は、茨の蔓。
 
榎俊幸 ホームページ ENOIST
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

わたしのしあわせはあなたのふしあわせかもしれないし、
あなたのしあわせはわたしのふしあわせかもしれない。
愛とはいったいなんでしょう。
【2008/02/14 02:30】 URL | マリ #-[ 編集]
鋭い無数の刺 でも痛さを感じさせない不思議さ?!
沢山の蔓&刺に囲まれながらも 安息感が漂うのが魅力的です。
生命の宿る植物ゆえでしょうか・・・
野茨の白い花が 祝祭の雰囲気ですね~♪

愛は確かに真綿の側面を持つようです。
【2008/02/14 19:10】 URL | マレーラ #-[ 編集]
うわあ・・素敵ですね。(´・ω・`) ←名前負けしてます
【2008/02/14 20:22】 URL | ノイバラ #-[ 編集]
いつもながら深いですね。
帛のように優しく包まれて、
こんな風に抱きしめられたい・・・と思ったら、
この女性はどこかあらぬ方を視ている。
なんでだろう・・・と思ったら、
茨の腕に抱かれ、棘に打たれ、
真綿の枷に縛られていたのですね。

・・・私はやっぱり、それでもいいです。
【2008/02/14 23:09】 URL | 林檎。 #-[ 編集]
これは初めて拝見するお作品ですね。
意味深い絵に う~~んって色々考えさせられています。
色合いからか錦の織物みたいな感じにも見える背景の細やかさ そして二人の手の表情にも目が点になります。すばらしい!!
【2008/02/15 15:53】 URL | mojizurisou #/02qLiNA[ 編集]
深い愛にも、茨にも包まれて…また、意味の深い絵ですね。でも、バレンタインデーにぴったりな気もします!
【2008/02/15 23:39】 URL | 岩崎 高宗 #-[ 編集]
バレンタインの日に投稿されたんですね。実際に見ると迫力があるでしょうね。描くのに何ヶ月くらいかかったのでしょう。
【2008/02/18 00:37】 URL | 和美 #5x/4IsC2[ 編集]
なんて美しいんでしょう。
素敵なストーリーがありそうです。
【2008/02/18 06:39】 URL | ひろの #qHG4eVTQ[ 編集]
皆様、たくさんのコメント有難うございます。
 「美しい薔薇には棘がある」そう申します。
 愛もまた同様なのです。
 愛とは甘美なもの、であると同時に危険なものです。
 優しく包み込むつもりの愛情が束縛であったり…
 強すぎる感情が相手も自分自身も傷つけてしまうことも…
 それでも近付きたいと思うのが愛の不思議さ、ですね。
【2008/02/19 13:56】 URL | eno #hdP62FSI[ 編集]
atcyさんのブログからたどってきました。
いやはや、素晴らしい作品ですね
なんとも言えない世界観に引き込まれそうです。
ナマで見たいなぁ
【2008/02/20 13:32】 URL | tomosky #-[ 編集]
男性の目をつぶった表情と対比するように
女性の心ここにあらずと言った目が印象的です。
何か怖いような気さえします。
【2008/02/21 16:29】 URL | Nasbon #aVVkmQpw[ 編集]
優しく静かな印象の絵なのに
狂おしいほどの感情が伝わってきます。
女性の愛は、さめてしまっているのでしょうか…?
せつないですね。
【2008/02/25 10:20】 URL | ことり #-[ 編集]
私も美大生になれました。あの時は応援ありがとうございました^^
やっぱり何度見ても美しいです。素晴らしいです。切なくて綺麗でいとしくて。尊敬します。
【2008/02/26 20:56】 URL | こまち #-[ 編集]
はじめまして

ものすごい ステキな絵ですね
まさに「芸術」

自分の絵が 恥ずかしくて死にそうですぅ・・・・・
【2008/02/28 21:24】 URL | ぶる #-[ 編集]
わぁ。。。。スゴイ!幻想的で素敵ですねー。過去の投稿をかなり遡って見とれてしまいました。凄く刺激になるので、また遊びに来させてもらいますー。
【2008/03/02 11:31】 URL | jun1 #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive