絵ノファイル(ENOphile)
榎俊幸 / 作品集 (ENOKI Toshiyuki / works)

Zipangu

kirin1.jpg
● 「麒麟 -KIRIN-」・15F (2011年)パネル・キャンバス・アクリル
日本の怪獣・妖獣は古代中国で発祥し、神話と共に日本に伝わって徐々にアレンジされて来た。
時代が下って妖怪などが現れるようになると日本独自のキャラクターが次々と巷に溢れ出て来る。
kirin2.jpg
● 「麒麟 -KIRIN-」・部分
神話に描かれる瑞獣は、古代人なりに考えた生物の起源のようなものの象徴化だったと思う。
現代では科学が発達し、進化の研究も進んでいるが、古代人には直観と想像力しか無かった。
自然災害で地盤が崩れる度に岩石の中に閉じ込められた現実には存在しない生物が姿を現す。
化石を発見した古代の人々は物語を考え出し、幻の生き物達の生きた世界を想像したのだ…
 
榎俊幸 ホームページ ENOIST
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 


 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive