絵ノファイル(ENOphile)
榎俊幸 / 作品集 (ENOKI Toshiyuki / works)

Andromeda

「ANDROMEDA」・100F
「ANDROMEDA」・100F(1991年)
M31星雲はアンドロメダ座の中央付近に位置する渦巻き銀河である。
大宇宙には我々の住む銀河系を始め、同じような銀河が無数に存在しているのだ。
それぞれの銀河には地球に良く似た天体が存在し、人間に良く似た生物も存在するかも知れない。
「ANDROMEDA」(部分)
「ANDROMEDA」・(部分)
私達人間はみな地球に繋がれた虜(とりこ)なのだ。
大気圏という酸素カプセルの中でしか活動できない。 そいういう “枷” を嵌められている。
それはまるで囚われのアンドロメダ姫のように…
M31星雲のアンドロメダ姫も我々と同じように母なる星の “囚われ人” となっているに違いない。
地球人もまた、母なる星 「地球」 を “拠り所” としている。 その限りでは地球人なのだ。
生態系という拠り所、環境という足場を蹴飛ばして自由に飛び立った時、我々は宇宙人になる。
我々の肉体は自然環境(アニマムンディ)の一部であり地球から切り離すことは出来ない。
だとしたら肉体という柵からどうやって自由になれると言うのか?
そんなことを考えていたらこの本のことを思い出した。
 ↓以前、「文庫」旧ブログでもお勧めした本(反響なかったなぁ、良い本なのに???)。
●「アイの物語」山本弘(角川書店)  
 
榎俊幸 ホームページ ENOIST
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive