絵ノファイル(ENOphile)
榎俊幸 / 作品集 (ENOKI Toshiyuki / works)

Cocoon

「繭」・30F
「繭」・40F(2000年)
数日間、地平線から太陽が昇らなかった。
だんだん寒くなって来て、そしてこのまま全てが凍ってしまうのだろう。
背中に小さな翼が生えてきた、何のために?
不思議と恐怖は感じない、何故だか安らかな気持ちになれる。
雪が、茨が、私を包み込んでくれる、私を護ってくれる。
今はとても眠い、抗わずに眠ってしまおう。
きっともう直ぐ太陽が昇る、必ず復活の時は来る。
それを信じて今夜は眠ろう。
今夜は聖夜なのだから…
スポンサーサイト

Metamorphosis

羽化
「羽化」・80F(2000年)
その世界は腐敗していた。
人々は虫食いだらけの果実のように体内から朽ち始める。
今こそ変わらなくては。
古い神話を初期化するのだ。
 
プログラムを書き換えられた細胞は変成を始める。
創世は進化に、奇跡は科学に、復活は、再起動する…
蘇生した肉体は全ての穢れを無垢に帰し、ルネッサンスの微笑みに姿を変えた。

Homo Volatilis

tobumono.jpg
「翔ぶ者」・80F(2000年)
仕事を終えて照明を落としたアトリエ。
天窓から月光が差し込んでいる。
美しい光景だ。
これをあなた達にも見せてあげたい。

ここから私の作品は生まれる。
実際に絵を描くのは昼の明るいアトリエだ。
しかし、この闇を通り抜けなければ創造は生まれない。
死と紙一重のこの闇を…

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive