絵ノフィル(ENOphile)
榎俊幸/作品集 (ENOKI Toshiyuki/works)

ようこそ絵ノフィル(ENOphile)へ。

このブログでは、画家 榎俊幸 の絵画作品を、画像と文章で紹介しています。
★ 【説明】 画面をスクロールして下の記事からご覧ください。
各記事の左下にある → ▼もっと見る(See More)▼ をクリックしてください。
作品の部分画像や、解説文章の続きがご覧いただけます。
翼竜図屏風● 「翼竜図屏風」 ・ 1300×650㎜  ● 「 絵ノローグ 」 ● 「 絵ノグラフィー 」 ● 「 観○光

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Science fiction

アイビス
● 「アイビス(IBIS)001」・3S(2008年)
山本弘著のSF小説 「アイの物語」 に、登場する美少女型戦闘ヒューマノイドの名前がアイビス。
★ 「THE空想画BOOK」に掲載されています。
「アイビス(IBIS)002」・30M(2010年)

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Mask+

OMOTE3-4.jpg
● 「OMOTE3/OMOTE4」・12cm×10cm(2012年) パネル・キャンバス・アクリル・油彩(DUO)
「OMOTE1/OMOTE2」 のつづき。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Comfortable

rakuen-10M-3.jpg
● 「楽猿図」・10M (2014) パネル・キャンバス・アクリル・金箔
幸福とは、足るを知ること、他者と比べないこと、分かち合うこと。

Full moon

満月の道4
● 「満月の道」・12M (2014) パネル・キャンバス・アクリル・金箔
宮本輝『満月の道―流転の海 第七部―』|新潮社

『闇夜に浮かぶあの光は、未来を照らす道標なのか――。
執筆三十余年。畢生の大河小説、ついにカウントダウン。』

Trust

ko1.jpg

● 「麒麟と乙女」・25F (2014) パネル・キャンバス・アクリル・金箔
私たちは何を信じるのか、見た目か、言葉か、物語か、それとも・・・
 
第14回(2014) 伝統からの創造 「21世紀展」・東京展・東京美術倶楽部
4月23日(水)~27日(日) / 5月25日(日)~28日(水) 午前10時~午後5時
21世紀展・五都美術倶楽部巡回(東京・大阪・京都・名古屋・金沢)

Pegasus

f3.jpg
● 「Pegasus」・ 12F パネル・キャンバス・アクリル
「ペガサス」は、ギリシャ神話によれば、ポセイドンとメドゥーサの間に生まれたとされる。
姿は馬で、鳥のような大きな翼を持ち、自由に空を飛びまわることが出来る。
★ 2014年3月5日(水)~15日(土)第19回「彩樹会」彩鳳堂画廊

Mask(3D)

恍惚
● 「恍惚 Ecstasy」・3D (2013) 塑石・FRP・ウレタン・アクリル
―乾漆立体と絵画― 榎俊幸・恵美展 2013年11月16日(土)~11月30日(土)

Swirl

o01.jpg
● 「想い渦巻く」・ 10F パネル・キャンバス・アクリル・油彩
第19回東美特別展 10月18日(金)~20日(日)にて 「榎俊幸個展」

Siesta

eee1.jpg
● 「Siesta1」・ 15F パネル・キャンバス・アクリル・油彩
2013年の日本の夏は、記録的な猛暑に見舞われた。
およそ正午から陽が傾くまでの数時間、運動は勿論、外出も出来ない、仕事も手につかない。

UNICORN

ksm1.jpg
● 「White Qilin」・ 3D/(180㎜×250mm×290mm)塑石・漆・麻布・和紙・アクリル・金箔
古代中国の瑞獣の一つである麒麟は、孔子に由来する仁獣で、白い麒麟を索冥という。

Reading

sss2.jpg
● 「読書」・ 20F(2013年) パネル・キャンバス・アクリル・油彩
人は心の中に豊かな視覚世界を持っている。本を読むことは、内なるイメージを開くことだ。

Beauty and the beast

貴婦人と麒麟3
● 「貴婦人と麒麟」・10F (2013) パネル・キャンバス・アクリル・金箔
人間、突き詰めれば美女か野獣か。或いは心の写し鏡か。

SAKUMEI

sakumei-b1.jpg
● 「索冥 SAKUMEI(白麒麟 White Qilin)」・50F(2013) パネル・キャンバス・アクリル・金箔
★ 「観〇光」 KAN-HIARI ART EXPO 2013 京都展/鎌倉展
3月15日(金)~24日(日)御寺 泉涌寺 本坊 床の間に展示。
4月12日(金)~21日(日)鎌倉 浄智寺 書院 床の間に展示。

Mask

OMOTE-1-2.jpg
● 「OMOTE1/OMOTE2」・12cm×10cm(2012年) パネル・キャンバス・アクリル・油彩(DUO)
「OMOTE」とは、日本語の「おもて(面)」のことで、第一義的には、人間の顔を意味する。
それと同時に、仮面(Mask)の意味でもあり、「能(のう)」に用いる面、「能面」を指す。
能面を代表する一つに、あどけなさを残した可憐な若い女の面「小面(こおもて)」がある。
俗に「能面のような顔」と言う表現は、感情を面に表さない、無表情の顔を意味している。
しかし、能面は、「シテ(役者)」が能を舞うことにより、様々な表情に変化して見える。
描かれた表情の無い「面(顔)」を見るとき、そこには見る者の心の表情が映し出される。
★ 2012年12月5日(水)~15日(土)「第31回ミニアチュール展」( 彩鳳堂画廊
★ 「Facebook

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Flow

IMG_9558.jpg
● 「白鳳・White phoenix」・ 25F(2012年) パネル・キャンバス・アクリル・油彩(DUO)
★ 「ざ・てわざ Ⅱ ~未踏への具象~」
日本橋三越本店6階美術特選画廊 / 2012年8月1日(水)~7日(火) 午前10時~午後7時

White phoenix

★ 「ざ・てわざ Ⅱ ~未踏への具象~」 日本橋三越本店6階美術特選画廊
2012年8月1日(水)~7日(火) 午前10時~午後7

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

Affection

emi1.jpg
● 「想い巡る」・ 15F(2012年) パネル・キャンバス・アクリル・油彩(DUO)
人間は本なのか?人間が本ならば最後のページにはどんな事が書いてあるのだろう?
もしも僕が本だとしたら、物語の最後のページには親愛なるあなたの事を書くだろう。
● 第17回彩樹会展 5月25日(金)~6月5日(火) 「 彩鳳堂画廊

Paradise

kumozaru1.jpg
● 「蜘蛛猿図」・25F(2012年) パネル・キャンバス・アクリル・墨・金箔
すっかりお馴染みの「蜘蛛猿」シリーズは、どのような経緯で誕生したテーマなのだろうか?
強く主張したいテーマに対して精神的バランスをとるためのサブテーマとして描き続けている…
● 第12回「21世紀展

Wing

dra4.jpg
● 「DRAGON WING」・8F(2011年) パネル・キャンバス・アクリル
★ 「DRAGON」展 12月30日(金)→1月16日(月)新宿島屋10階美術画廊

Profile

ENOKI Toshiyuki

Author:ENOKI Toshiyuki

Link

Category

Monthly archive